www.blankbrand.co
外国為替証拠金取引についての面白みは、一つの投資商品であるが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3つの期間からいずれを選ぶかで投資のやり方が全然違うところにあります。1番目に外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」について詳しく見てみよう。長期の投資というものは一年以上の長期の投資が原則とされています。一般的に為替レートにおいては、一年も後々のレートは円高と予測するか、あるいは円安だろうかを予測するなんていうことはほとんどの場合難問なはずです。正直なところ「そんなにも後々のことは予言できない」というのが実際のところでしょう。予言もできないものを頭を悩ませて予言しようとしてもそんなことは無茶苦茶なものです。そのことから他国の貨幣を買ったと仮定して、そのレートよりも円高だとしても、その差損分は待っていれば円安に戻るだろうくらいの感覚でチャレンジするのが良いと思います。為替差益を積極的に狙うよりも、他の方法での利益、要するにスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるのを第一の望みということでやりましょう。当然少しの間に為替変動の損失が大きくなることもあります。そういったことから、こういう場合のような差損が大きくなっても耐えうるよう、レバレッジを少しに売買する心がけは大切です。外国為替証拠金取引(FX)は損失が決まった金額を上回って拡大してしまうと追加保証金(追い証)を出さなければならなくなったりあるいはストップロスがかかったりします。ストップロス(ロスカット)になったら、早く売買を打ち切りせざるを得なくなり、長期投資が厳しくなります。こんなリスクを回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度で売買するのが安心です。次に中期での取引に関してです。中期のスタンスのケースでは一番長くても1?2ヶ月くらい経った頃を考慮してのやり取りを行います。為替のトレードにおいては、約1ヶ月後のことであれば、だいたいの場合、予知しやすいと思われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の会議の内容や、為替取引で取引している人たちがどのような内容に興味があるかを考えれば、おおかた、想定できるでしょう。こういった経済の状態を見ながらもチャートを見ることで、為替レートの動きを把握できるようになり、売買を判断するといいでしょう。基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどっちも良い方向であり、もしくは買い傾向が同じ時は、まず思った通りに動いていくと考えて良いです。そこで保有高を増やしておけば一層大きな儲けをもらえるのです。最後は短期のスタンスのポイント。この短期のスタンスが示しているのはすなわちデイトレーディングを指しています。為替で日計り取引をする場合ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないと断言できます。なぜならば明日の為替レートの動向に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は反映されないからです。この場合重要ポイントは大きな出来事がある場合、それが影響して相場が目立って変動するチャンスを見逃さないよう行動しましょう。例を挙げると、アメリカにて雇用者の統計が出される、はたまた金融政策等によって制作金利が変動するほどのこと。このようにチャンスに変動を逃さないといった理由で、短期スタンスは多様な知識が必須になる。