www.blankbrand.co
クレカを機能停止することそれ自体は呆気にとられるほど簡単なことに違いありませんが契約失効する場合留意しておきたいポイントを頭の隅に入れておくだけで、カードの機能停止についても少しの手間で行うことが出来るようになるだろう。実際に注意する点を執筆整理致しましたので読んで頂きたいと思います。クレジットカード加入を終えた後即使用取りやめしてしまうのは危険⇒クレジットカード申請したすぐ後いきなりそのカードを試用不可能化してしまったならば、ブラックリストに入れるべき人物というようにクレジットカード会社にに認定されてしまうというありがたくない出来事が起こってしまいます(例えば何度も登録→試用不可能化という作業を繰り返したとき)。特に入会ギフト券のプレゼントの獲得が目的である登録の場合には、ギフトカードあるいは各種特典というような登録時の優待権を全て獲得したからすぐに契約解除の作業を行いたくなってしまう考えもわかる。そうは言っても、クレジット会社側の観点で検討してみれば迷惑な人においてはもう自社ブランドの提供するクレジットを所持されて迷惑をかけられたくないと言う風に結論を出すくらいのことがあっても怒ることはできないでしょう。故に、仮に申請特典を狙ってクレカをを契約してみたケースでも焦って失効しないで最低でも半年、可能ならば登録後365日以上は登録したクレジットそのものは所持し続けて契約解除の電話はその後で行うようにお薦めしたい。また作成時の限定特典に終わったことではなく何の気なしに作って財布に入れてはみたが使わないのでというように考えてしまう状況、少なくとも六ヶ月以上は財布の中のクレジットを保有するようにして頂きたいです。クレジットを受け取る側が何となく思っている以上にクレジットカードという代物を一から発行するときの人件費や手間はかかるものなのでほんの気持ち程度の手間を減らしてあげよう・・・と思いやってもらえることが出来ればお互い悪い気分にはならないと考えれます