80円50銭から52銭で取引されています」という具合です

*** PR ***

  • 「スプレッド」とはFX投資は外貨を売買して利ざやを生み出す取引です。フィナロイド 通販について

    価格は、常時変化しています。排卵検査薬

    それが為替です。

    テレビを見ていると、外貨のマーケットの情報が流れるケースがあります。

    見かけるのが、「ドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

    これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを示しています。

    つまり、売買には買値と売値の2個の価格が存在します。

    売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX会社もあります。

    普段は売値の方が買値よりも小さく設定されています。

    買うときには高く、売るときには安くなるのです。

    その差額をスプレッドといいFX業者の稼ぎのひとつとされています。

    スプレッドの幅は取引会社によって変わります。

    スプレッドの差は自分にとってコストになるので、小さい取引会社をピックアップしたほうが儲けられます。

    ただし、同じFX会社でも場面に応じてスプレッドの広さは変化します。

    例えば通常時はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの広さであるとしても、為替の変化がとても激しいときには大きくなります。

    そのため、スプレッドが低いのと同時に、変化が少ない事が重要です。

    最近では変化しないスプレッド幅を示す取引業者もいくつもあります。

    実際にFX取引会社の取引画面の上で実際のレートを確認しなければ区別できないので面倒くさいですが重要な事です。

    大事な財産を賭けて注文するのですから、本物の注文の前に、関心があるFX業者の新しい口座開設を積極的にして、提示されているスプレッドの広さを点検しましょう。

    同じ通貨でも、市場の状況によって、通貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

    通常、インターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが狭く、他の通貨ではスプレッドが大きくなる傾向にあります。