いえども大多数の店舗やレストランに

*** PR ***

  • ショップで全部の契約カードが使えるわけでもない:クレカ会社の契約店は多くの場合、ときには5を超えるクレカ会社とライセンスを結んでいますが、ちょっと不便ですが全てのお店であらゆるクレジットカードが使えるわけでもありません。過払い金請求 着手金無料

    例をあげれば古いショップの際にはJCBの書いたカードしか決済できない場合もありますし今日の店舗の場合だとVISA、マスターといったブランドの書いたカードしか決済不可な場面もあるでしょう。

    銀聯カードのようなクレカの場合はさらに使えない場面が増えるはずです。

    どのような所有カードが使えるかどんな方法で見分けたらいいんだろう?「ならどうやってどのマークの所有クレジットカードが使用できるかを判断したらいいものか?」といっても正しく判断するのにはショップの担当者に見せてみるのみ、ていうのが正直ながらその回答です。

    とはいえども大多数の店舗やレストランには入口の部分に決済できるクレジットカードのブランドが入った認証ステッカーが付けられていることから「なるほど、あのお店ではダイナースカードが使用可能なんですね」というのが困らないようになっているから確認しておいてもらえると思います。

    いっぽうで、細かく確認が行き届いていないお店で使うときにはマークが貼られている状況でも「今はお客様のクレカは使えません」みたいな回答をされてしまう状況もないわけでもなく、途方に暮れてしまうこともなくもないです。

    余裕があれば可能な限り全ての加入店舗でクレカが決済できるようにするために、異なるグループ(欧米圏のマーク)がプリントされた一般的なVASA、マスターカードJCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、といったクレジットカードを2、3枚申し込んでおくようにするようお勧めします。

    (例:セゾンカードをいつも使っているなら二枚目は銀聯カード付帯のカードを申し込むなど等)。

    とりわけ日本においてはVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのブランドが書いてあるクレカを日ごろから携帯しておけばおおむね99%以上の契約店でいずれかのクレジットカードを使うようスタンバイOKということになります。

    カードをいつも財布に忍ばせて有効的にキャッシュレス生活を続けていくには、できる限り早めにどんな場面でも支払い可能なクレカを申し込んでおいていただくようお勧めします。