「損失が生じた状況ではナンピン

*** PR ***

  • よくあるビギナー向けの外為取引の本では、「損失が生じた状況ではナンピンを入れることによって、平均のコストを下げることができる」等と書かれている事もありますが正直に言うとこれには大きな引っ掛けが待っています。サンプルファン

    まずはじめに、ナンピン買いのやり方に関して易しく説明します。デオシブEX

    仮に1ドル100円でドルを買ったとする。千年酵素

    $買いですから円安に推移するほど儲けが大きくなるわけですが、不幸にして95円まで円高ドル安が進んでしまった。ソイスリム

    このままの場合ポジションを持ち続けたら損がなくなるまでには損した分ドル高に動く必要があります。まんぷくスリム

    皆さん、赤字は早く取り戻したい考えます。チアベリースリム

    これを解決するため最初にエントリーしたのと同額のドルを、1ドル95円で買い増します。ペッツデポタウン

    これで、ポジションの単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。藍の青汁

    2.50円の幅でドル高が進むと、損を失くせます。ラポマインサプリメント

    これが、ナンピンの方法です。

    このような、ナンピンの理屈を聞くと「まちがいない」という気分になるが、為替相場は易々と上手くはいきません。

    もとより、95円が下限だとということなど誰にも予想できません。

    例として、相場が相当に強い円高ドル安トレンドだとしたら、95円では下げ止まることなくさらにドル安が進む危険性は高くなります。

    例として、1ドル97.50円でナンピン買いをして1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンをしたポジションも為替差損が生まれることになってしまいます。

    こういう状態では初めに買ったドルと合わさって、倍の損が生じます。

    それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

    ならば、為替が己のストーリー展開とは逆向きに素早く向ってしまった場合どの手法で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

    こういう状態で選択できる対策は多くはありません。

    最初のひとつは潔く損切りをする事です。

    もうひとつの方法としては、あなたが保有しているポジションを小さくする事で、相場が戻るのを黙って待つことだ。

    大人しい対策だとおっしゃる投資家もいるでしょう。

    だが、自分が保持しているポジションに損が生じた場合、一番有効なやり方はこれ以外にはないです。

    理論上は、ナンピン買いを入れるという対策も有効です。

    だがナンピンは、あなたが損失を披っている場面にもかかわらずポジションを整理するどころか逆にポジションを買い増していく対策です。

    この方法では、危険性を回避することなど、どう考えても可能ではないと思うべきです。

    ナンピン買いをし続けられればいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

    だがしかし、それより先に投資資金が足りなくなってしまいます。