作った場合もこの手続きはできますし

*** PR ***

  • 民事再生という方法は住宅ローンを含む重債務に困っているひとのためにマイホームを手放さずに金銭管理の面で立ち直っていくための公の機関を通した借金整理の選択肢として平成12年11月にはじまった手段です。グルコサミン&コンドロイチンは効く

    この法律には、自己破産みたいに免責不許可となる要素はないので、賭け事などで借金を作った場合もこの手続きはできますし、破産手続きをすることで業務ができなくなるリスクのある資格で仕事をされている方でも民事再生は検討可能です。

    自己破産では、住んでいるマンションを対象外にすることは許されませんし、特定調停等では元金そのものは返済していく必要がありますので住宅ローンも払いつつ払っていくのは多くの人にとっては簡単なことではないでしょう。

    とはいえ、民事再生を取れれば、住宅ローンなど以外の借金はけっこうなものを圧縮することが可能ですのである程度余裕に住宅のローンを払いつつ残りの借入金を払っていくことが可能というわけです。

    民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停といった方法とは違いある部分のみの借金だけを除き手続きをすることは許されませんし自己破産のように債務それ自体なくなるのでもありません。

    さらに、これ以外の解決手順と比較すると手順が煩雑で期間もかかりますので住宅ローンがあり住宅を手放せないような場合等以外で破産等の他の債務整理ができない場合だけのあまり優先したくない処理と見ておいた方がいいでしょう。